生きものコラム

センター玄関のミニ展示

昨年秋、なごや生物多様性センターの玄関にミニ展示コーナー「いきものギャラリー」ができました。

なごやの生物のホットな話題や季節の生きものを紹介するコーナーで、校外学習で来訪する地元の子供たちや、全国からの視察の方々などに見ていただくことを目的としています。

小さな展示ですが、完成まで半年以上の時間がかかりました。展示ケースは、倉庫にあった生物飼育用のガラスケースを活用したものです。ケースの汚れを落とし、ガラス飛散防止フィルムを貼り、棚にグリーンのフェルトを巻きつけ、標本や解説パネルを作成し、ようやく完成しました。

現在は、ケース上段で2019年に名古屋市内で初確認された特定外来種クビアカツヤカミキリの紹介と普及啓発、下段で戸田尚希氏(名城大学農学部昆虫学研究室・名古屋昆虫同好会)の協力のもと、季節の昆虫標本を展示しています。

センターは博物館のように一般の方に常時開放している施設ではありませんが、もし、何かの機会でセンターを訪れた時はぜひ「いきものギャラリー」をご覧ください。先日作成されたスナメリの骨格標本も展示されるかも?!

(なごや生物多様性センター/西部めぐみ)

生きものコラム一覧を見る
ページトップへ戻るボタン